重要なお知らせエリアを非表示

2020/08/15 08:55

実は、ご祝儀袋の包み方にも意味があるんです。包み方を間違えると、そのご祝儀も失礼になってしまいます。

お祝い金を手渡すときには、中身が分からないようにして渡すのがマナーです。お祝い金を奉書紙で中包みし、さらに上包みし、水引をかけ、熨斗(のし)を添えます。

そのご祝儀の包み方のルールを説明します。


In Japan, when we are invited the wedding ceremony, we need to bring the money put into the celebration bag (wedding envelop).

Amazingly the way of folding the celebration bag has meanings. If you wrap it incorrectly, the celebration will be rude.

 

When handing over the congratulatory money, giving the money with keeping a secret about the amount of it is an appropriate manner. The money is wrapped in a paper, wrapped over it again, decorated with Mizuhiki, and put  Noshi.

 I will explain the rules for wrapping up the celebration.


 

1. お金を入れる向きに注意

1. Pay attention to the direction of money


お金を入れる向きにもマナーが存在します。上のイラストのように、ご祝儀袋の中袋の表側に、一万円の福沢諭吉の肖像画が上部に来るように入れるのが正解です。(中袋からお金を出したときに、すぐに肖像画が現れる向き)

There are also etiquettes for the direction of money when you insert them. As shown in the illustration above, the answer is to put the 10,000 yen portrait of Yukichi Fukuzawa is at the front side of the inner bag of the celebration bag so that it is at the top of the envelope. (The direction in which a portrait will appear immediately when you take out money from the inner bag)

 

2.ご祝儀袋の裏の折り返し部分は下側を上にする

2. The bottom of the celebration bag should be folded back


※ご祝儀袋の裏側は、上の折りに対して下の折りを重ねるのが正解

中袋(中包み)に対して、結びの絵柄や装

飾が付いている方を、「上包み」と言います。実はこの中包みの折りに関しても正式な折り方が存在するのをご存知でしょうか?上のイラストのように、上の折りに対して下の折りを重ねるのが正しい折り方となります。理由としては、結婚式などのおめでたい席では、“上を向く”という意味があるからです。この折の重ね方を間違えると、お葬式などで渡す「不祝儀」の意味合いとなってしまうため、注意が必要です。

* On the back side of the celebration bag, it is correct to stack the lower fold on top of the upper fold

Did you know that there is an official way to fold this celebration bag? As shown in the illustration above, the correct way to fold it is a lower fold is over the upper fold. The reason is that this folding method implies "looking up." If you make a mistake in how to fold these bags, it means that bag is  used for the unhappy events such as funerals


3. 中袋(中包み)の折り方・書き方

3.How to fold and write a middle bag

通常、ご祝儀袋には「中袋(中包み)」と呼ばれる、お札を入れるための封筒式の袋が入っています。この中袋の折り方は、ご祝儀袋を購入後、袋から出した状態での折られ方の通り戻せばOKです。中包みが付いていないときは、半紙や奉書紙でお祝い金を包むか、白無地の封筒を用意します。

慶事の上包みは「お祝いが重なる」よう二枚重ねて包みます。裏の折り返しは「喜びは天を向く」として下の折り返しが上になります。

Usually, the celebration bag contains a middle bag for putting the bills. You can fold the inner bag shown in the illustration above. 

Celebration bag is usually wrapped in two layers so that the celebrations would overlap again. For the fold on the back,  the fold on the bottom is at the top that can implay "joy faces heaven.”




4.新札を用意する 

4.Prepare the new bills


最後4つ目のマナーは、ご祝儀に入れるお金は「新札」を用意するのが基本的なマナーです。これは、「新しい門出をお祝いするので、新しいお札を」という理由と、「前もって楽しみにしていましたよ」という想いを伝えるためだと言われています。そして意外と知らない方も少なくないのが、「新札」と「ピン札」の違いです。新札は、銀行で発行した未使用の新札のこと。ピン札は、折り目も無く綺麗だが、使用されている可能性があるお札のことです。新しい門出をお祝いするという理由からすると、ご祝儀に新札ではないただの「ピン札」を入れるのは実は間違いなのです。

Preparing a "new bill" to put into a celebration bag is a basic manner. It is said that "a new bill wish the new chapter in life" and "I was looking forward to it in advance."